相続した土地に関する新しい制度について |ブログ|村山司法書士事務所

blog

相続した土地に関する新しい制度について

新しく始まる「相続土地国庫貴族制度」とは、相続した土地が、不要である、管理が難しいなどを理由に手放したい場合に、国に引き取ってもらえる制度です。令和5年4月27日から利用可能になります。手続としては、国に帰属することの承認を申請して、国が諸条件を確認のうえ承認するといった手続になります。
 承認の申請には、手数料や負担金が必要であったりと、利用しやすい制度になるかについては、これからの運用次第かもしれません。今のところ、面積が50㎡の土地を国に帰属させるためには、土地の種類に応じて、最低でも次の費用が掛かることが見込まれています。
(1)宅地50㎡の場合:約41万円以上~
(2)農地50㎡の場合:約26万円以上~
(3)山林50㎡の場合:約21万円以上~
 制度利用の事前相談が本年2月から始まります。すでに多くの方から問い合わせがあっているようです。

 併せて、相続等で所有者が特定できない土地の管理制度も本年4月から始まります。
 これまでは、不明となっている所有者=「人」にスポットをあてた管理制度のみでした。そのため、預貯金や借金等の調査も必要でした。本年4月から始まる制度は、所有者が特定できない「土地」のみにスポットをあてた簡易な管理制度になります。「土地」について、どのような権利関係があるのか、どのように処分するのか等につき審理するだけですので、利用しやすい制度になりそうです。

 なお、相続登記の義務化については、令和6年からになります。最近、すぐに相続登記をしないと罰金みたいなものを払わないといけないのですか?といった相談を受けることがあります。まだ少し時間的な余裕はあります。
 これから、未相続の土地を増やさない取り組みが始まっていきます。