お問い合わせより:不動産の相続登記が義務化する? |新着情報|村山司法書士事務所

news

お問い合わせより:不動産の相続登記が義務化する?

  • 相続登記の義務化とは?

 相続登記とは、不動産の名義人が亡くなったとき、相続人に名義を変更する手続きのことです。これまで義務化されていなかったため、所有者不明土地問題が喫緊の課題になっているところ、民法の改正によりその予防及び解消のための法整備が整いつつあります。施行日は決まっていませんが、遅くとも2024年4月ごろには施行される見込みです。

  • 義務違反にならないためには?

 相続が発生した場合、原則として3年以内に「所有権移転」の登記を申請しなければなりません。怠った場合、罰則として10万円以下の過料が予定されています。

 具体的には、次のような方法からご検討ください。

    • 遺言に基づき相続登記をする
    • 遺産分割協議を行い相続登記をする
    • 法定相続分に応じ相続登記をする
    • (創設予定) 相続人申告登記をする。
    • 相続放棄をする。
  • なぜ速やかにした方がよいのか?

 相続登記を先延ばしにすることで、おもわぬ困難が発生することもあります。具体的には、

 ⋄ 不動産を売れない・担保設定ができない
 ⋄ 新たな相続が発生して複雑になった
 ⋄ 認知症等で遺産分割が困難になった
 ⋄ 登記に必要な書類が入手困難に
    (役所の保存期間が過ぎた)
 ⋄ 相続人の借金の債権者による差し押さえ  など。

 まだ、義務化されていませんが、ぜひお早めに。

 ご自身で相続登記申請は可能です。
 必要書類を集めるとき、だれが相続するのか決めるとき、登記を申請するときなど、困難に直面された際にもお気軽にご相談ください。

 また、熊本県司法書士会では、「相続センター」(電話096ー372ー2525)を設置しています。年間270件を超える相続手続きの相談に対応してきました。令和3年からは、全国司法書士会と連携し「相続登記相談センター」(電話0120ー13ー7832)においても相談に応じています。